QLOOKアクセス解析

ジマー成分100%のハイクオリティ・トラック!「Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales」soundtrackレビュー&解説

今年の7月に、待望の「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ5作目である「パイレーツ・オブ・カリビアン: 最後の海賊」が公開されました。
私はこの作品が昔から大好きで、思い入れの強い作品でした。(作品に関しては色々とツッコミポイントがあり、好きだけど残念・・・という感じだったのですが、ここで言うのは止めておきます(笑)。)

今回の音楽は、前作まで筆頭として動いていたハンス・ジマーが主軸から抜け、ジェフ・ザネリが担当することになりました。どうなるのか未知数であったものの、どうやらこの人は1作目からパイレーツシリーズに関わっている人のようで、見事なスコアを聴かせてくれました。今回はそのサントラのレビューをしていきたいと思います。



1、Dead Men Tell No Tales (死人に口なし) Geoff Zanelli
冒頭でヘンリーが父に会いに海に沈む場面の曲(灯台が映る場面まで)。

ロゴの部分に流れるのは、今作のキーアイテムの一つとなるものを表す「ガリレオの日記のテーマ」です。このテーマが中盤や終盤にかけて非常に美しく変化していきます。
ちなみにこのシリーズでディズニーのシンデレラ城のロゴからシリーズ特有の音楽が流れるのは前作「生命の泉」からなのですが、今回もそれに似た雰囲気を出してくれたのは嬉しい限りです。
2、3のような「星に願いを」で始まるよりも、一気にエンジンがかかる気がします。

ヘンリーが映る場面では、新たなテーマである「ポセイドンの槍のテーマ」が流れます。
このテーマですが、雰囲気やメロディが「デッドマンズ・チェスト」や「ワールド・エンド」で流れていた「ティア・ダルマ(カリプソ)のテーマ」、そして「呪われた海賊たち」で呪われた海賊らが水中を後進する場面の曲とかなり似ています。前者はおそらく、ポセイドンが海の神であるのと同じく、カリプソも海の女神であることを表し、後者はポセイドンの槍が呪われた人々をも救うことが出来るアイテムであるからであると考えられます。

この曲は本編だともう少し長く、もう少し明確に「呪われた海賊たち」と似通ったメロディが流れる場面があるのですが、そこは収録されなかったのが残念です・・・。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR