QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ウィリアムズが目覚めた!「Star Wars The Force Awakens」soundtrackレビュー&解説

先日遂に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されました。今回もジョン・ウィリアムズが曲を手掛けてくれました。30年以上続いているのに同じ作曲家が担当していることは本当に凄いことだと思います。

本作の音楽ですが、スター・ウォーズ(以下SW)・シリーズとして見ると目立った曲がそこまで無かったり、印象的なテーマが多く流れなかったと少々がっかりした人もいるようですし、私自身も少し思い描いていた曲とは違うかんじはしました。しかしテーマの使い方等は過去作と同じくらい、もしくはそれ以上良かったと思っています。その部分について考えてみたこと等にも触れながら、レビューしていきたいと思います。もちろんネタバレありです。

※今回は映像ディスク発売前に書いている為、間違ったことを書いている部分が多くあるかもしれませんが、ご了承下さい。
※日本語の曲名は私が勝手に考えたものです。


1、Main Title And The Attack On The Jakku Village (メイン・タイトル/ジャクーの村の襲撃) John Williams
オープニングタイトルから、ポーがファーストオーダーに捕まる場面までの曲。

タイトルの場面ではお馴染みの「メインテーマ」が流れます。またこのテーマが聴けたことに感動しましたが、正直なところ、今回のこの部分の曲はあまり好きになれませんでした。
SWシリーズのこのメインタイトル部分の曲は新三部作・EP4・EP5・EP6でそれぞれ多少の違いがあり、特に一番最初に流れる音が異なっています。今回は過去作の曲と同じになるのか違ったものになるのか公開前から気になっていましたが、異なった始まり方をしており、シリーズとして統一感を持たせてくれて良かったです。

しかし、なんとなくですが、始まりの一音だけでなく、全体的に少し音が弱いかんじがして、個人的にあまり好きにはなれませんでした。今回のスコアは過去作でお馴染みのロンドン交響楽団が担当していなく、少し違いが出てしまったのが原因かもしれません・・・。トランペットのような音が強く、少し音が高い気がします・・・。もう少し重みを持たせてくれても良かったと思います。

メインタイトルが終わると今回初登場のスター・デストロイヤーである<ファイナライザー>が映ります。この部分に流れる曲ですが、EP4や6の冒頭で流れる「デス・スターのテーマ」に似せたメロディになっているのが良かったです。EP6の冒頭で第2デス・スターとスター・デストロイヤーが映る曲と雰囲気がかなり似ていました。

カイロ・レンのコマンドシャトルが到着する場面では、今回初登場の「カイロ・レンのテーマ」が流れます。
公開する前はSWシリーズでインパクトのある「帝国のマーチ」を今回のファーストオーダーのテーマとして流すのか気になっていましたが、「帝国のマーチ」はほとんど流れなく、この「カイロ・レンのテーマ」がメインとして流れていました。終わりの部分等が「帝国のマーチ」にかなり似ているように感じます。これはカイロ・レンがダース・ヴェイダーを崇拝していることを曲でも表現していると思われます。

個人的に「カイロ・レンのテーマ」は気に入りました。全編通して使用されていたのも良かったです。
このテーマは「帝国のマーチ」ほどインパクトは出ていませんが、ダース・ヴェイダーを崇拝した存在となるカイロ・レンを表す際に、崇拝の対象となる「帝国のマーチ」よりもインパクトのある曲が流れるのもおかしい気もするので、このくらいのテーマで丁度良かったと思います。

また、あまり関係無いと思いますが、カイロ・レンのシャトルが到着する際の曲がEP1でナブーのロイヤル・スターシップが到着する際の曲と似ているような気がしました。


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。