QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーのテーマを・・・ソーのテーマをもっと流して!!「Avengers: Age Of Ultron」soundtrackレビュー&解説

かなり遅くなってしまいましたが、「Avengers: Age Of Ultron」のサントラのレビューを行っていきたいと思います。

今回の音楽は同じマーベル・シネマティック・ユニバース(以下:MCU)の作品である「アイアンマン3」と「ソー:ダーク・ワールド」の曲を担当したブライアン・タイラーと、ティム・バートン監督による「バットマン」やサム・ライミ監督による「スパイダーマン」の曲を担当したダニー・エルフマンが担当しており、かなり豪華なものになっています。

ただ、今回の曲の使い方は個人的に少々盛り上がりに欠けてしまっている部分があるな・・・と所々で思いました。理由は後ほど説明していきます(個人的に曲の使い方が素晴らしいと思った「バットマン vs スーパーマン:ジャスティスの誕生」(以下:BvS)を観た後で書いているので、少し厳しめになっている部分もあると思いますが、ご容赦下さい)。

※邦訳タイトルは私が勝手に考えました。



1、Avengers: Age Of Ultron Title (アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン タイトル) Brian Tyler
トニーがロキの使用していた杖をつかみ、タイトルが出る場面の曲(終わり方が異なる)。

ここで流れるのが、今回初登場の「ウルトロンのテーマ」です。このテーマが流れる部分は、主にブライアン・タイラーが担当しています。
荒々しく不気味な感じが出ていてカッコイイのですが、劇中での編曲パターンが少なかったのが少々残念でした。展開しづらい曲ではあると思いますが、もう少し色々な部分で流してほしかったです。


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。