QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・レジスタンスだ!「Star Wars Episode Ⅶ : The Force Awakens」soundtrack(拡張バージョン)レビュー&解説

今回は「スターウォーズ フォースの覚醒」の拡張版スコアについてのレビューを書きたいと思います。これは、1月にDisney’s Awards websiteでアップされたものであり、公開時に発売された曲と異なり本編で使われたバージョンが多く収録されています!
(サイトが少々重いですが)、まだ聴いていない方はぜひ聴いてみて下さい!(私はかなり興奮しました)

今回は主に追加の曲について触れるので、全体的な曲の感想に関しては、「ジョン・ウィリアムズが目覚めた!「Star Wars The Force Awakens」soundtrackレビュー&解説」こちらの方をご覧下さい。

※曲のナンバリングは「The Attack on the Jakku Village Part 1」を1番とします。
※曲名の和訳タイトルは私自身が勝手に考えたものです。



1、The Attack on the Jakku Village Part 1 (ジャクーの村の襲撃 パート1) John Williams
メインタイトル直後の場面から、カイロ・レンが自身のコマンドシャトルから出てくる場面の曲。

CD版とは異なる曲です。
CD版では、かなり短縮されたバージョンになっており、本編と異なる箇所もいくつかあります。

しかし今回アップされたバージョンでは、本編と同じように、ストーム・トルーパーがトループ・トランスポーターから出る場面ポーが自身のXウィングに向かう場面フィンが撃たれたトルーパー(FN-2003)の死んでいく様子を見つめる場面等の曲が追加されています。

ポーがBB-8と供にXウィングへ向かう場面の曲あたりが個人的にかなり気に入っていたので、これを聴くことができたのは嬉しかったです。


2、The Attack on the Jakku Village Part 2 (ジャクーの村の襲撃 パート2) John Williams
キャプテン・ファズマ初登場の場面から、ポーがスター・デストロイヤー<ファイナライザー>に連れて行かれる場面までの曲。

CD版とは異なる曲です。

「ドゥン!」という音が流れてキャプテン・ファズマが初めて画面に映る場面の曲が追加されました。
また、ポーがファイナライザーに連れて来られた場面の曲がCD版より長くなっています(しかし、フィンがヘルメットを外す場面の曲は追加されていません)。

「ドゥン!」という音で姿を現すファズマが、今回の本編で一番カッコイイ場面(?)だと思っているので、この部分を聴くことができて良かったです。



3、The Scavenger (ガラクタあさり) John Williams
スター・デストロイヤーの廃品を回収したレイがゴーグルを外す場面から、スピーダーで廃品を売る為にニーマ・アウトポストに向かう場面までの曲。

CD版よりも本編に近い曲構成になっています。

CD版ではこの曲の前に(おそらく)未収録曲と思われる曲が入っており、次の曲「Lunchtime」と繫がった構成になっていました。
しかし、今回は本編の曲のみが収録されており、間が空く場面の曲はトラックが分けてあります



4、Lunchtime (ランチタイム) John Williams
レイが自分の家としているAT-ATへ向かう場面から、外で非常食を食べる場面までの曲。

CD版よりも本編に近い曲構成になっています。

CD版では前の曲「The Scavenger」と繫がっていますが、間に音楽の流れないレイがアンカーに廃品を売る場面が入る為、分けて収録されています。



5、I Can Fly Anything (何だって飛ばせるさ) John Williams
フィンとポーがTIEファイターに乗り、ファイナライザーから脱出する場面の曲。

CD版とは異なる曲です。
CD版ではかなり短縮されたバージョンになっています。

ポーとフィンがTIEファイターに乗る前の曲脱出時の曲キャプテン・ファズマがハックス将軍にフィンの過去について語る場面の曲等、様々な場面の曲が追加されています。個人的にはこちらの方が好みです。



6、Finn’s Trek (歩き続けるフィン) John Williams
ジャクーのシンキング・フィールドに墜落したしたフィンが、ニーマ・アウトポストに向かう場面から、地図に関してカイロ・レンとハックスが話す場面までの曲。

今回初めて収録された曲です。

フィンが歩く場面では、(ポーが死んだと思ったからか、目的地が見えない砂漠を歩き続けることになったからか)少し悲しげな曲が流れています。

カイロ・レンとハックスが話す場面では、終わりの方に「カイロ・レンのテーマ」が流れています。



7、Follow Me and The Falcon (付いてきて/ファルコン) John Williams
フィンとレイがストーム・トルーパーやTIEファイターから逃げる場面から、ファルコンでジャクーから脱出する場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

CD版ではファルコンに乗り込む場面の間で曲が分かれていましたが、今回は本編同様に繫がったものを聴くことができます。その為、ファルコンが出てきた盛り上がりを持続させたまま、ファルコンとTIEファイターのチェイス場面の曲を聴くことができるようになりました。

また、ファルコン・チェイスの場面等がCD版とかなり異なったものになっており、ちょっと荒々しさを感じる本編同様のスコアを聴くことができます。
主にファルコン船内の場面の曲が追加されており、CD版で聴くことのできなかった3:55付近では「メインテーマ」のフレーズ等も聴こえてきます。



8、The Rathtars (ラスター) John Williams
暴れるラスターからレイやフィンらが逃げる場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

CD版ではハン・ソロとチューバッカがファルコン内に入ってくる場面の曲の後にこの曲が入っていましたが、今回はラスターから逃げる場面の曲から始まっています。
また、脱出する場面の曲は入っていません。

一方で、本編と同じ曲となり、フィンがラスターの触手に捕まって連れて行かれそうになる場面の曲も本編と同じものになっています。



9、Snoke (スノーク) John Williams
最高指導者スノークがカイロ・レンとハックス将軍とコンタクトをとる場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

CD版にも「スノークのテーマ」は入っていましたが、組曲のような構成になっており、本編で使用されたものと同じような構成のものを聴くことができませんでした。
しかし、今回のバージョンでは最初にスターキラー基地の外観が映る場面で流れる曲等が収録されており、終わり方も本編と同じものになっています。

以前の記事では書きませんでしたが、スターキラー基地の外観が映る場面や、最初のメインタイトル直後にファイナライザーが映る場面に流れるフレーズは、「ファースト・オーダー」を表しているものであると思われます。EP4で主に流れていた「デス・スターのテーマ」と似たようになっており、帝国との関連が間接的に表されていて良いと思います。
また、「帝国のマーチ」に似せなかったのは、「巨大兵器を持った最盛期の帝国」を表している為であるとも考えられます。



10、You Got A Name? (名前はあるのか?) John Williams
ハンがレイにファルコンの2等航海士にならないかどうか尋ねる場面の曲から、マズ・カナタの城が映る場面までの曲。

CD版とは異なる曲です。

タコダナに着いて、レイとソロが話す場面の曲が初めて収録されました。
「レイのテーマ」が流れます。個人的に、その前の0:24までの部分の曲が好きです。美しく、どこか悲しげな曲調が素敵です。



11、I’m No Hero (俺はヒーローじゃない) John Williams
アウター・リムまで逃げようとするフィンを、レイが止めようとする場面の曲。

CD版よりも本編に近い曲構成になっています。

CD版ではこの後にタコダナに到着する場面の曲が入っており、ストーリーと異なる曲順になってしまっていますが、今回はこの場面でしっかり終わっています。



12、The Starkiller (スターキラー) John Williams
スターキラー基地から発射されたレーザーにより、ホズニアン・プライムを初めとする多くの星が破壊される場面の曲。

今回出た曲の中で、唯一この曲だけどこが変わっているのか分かりません・・・。もし分かった方がいれば、教えていただけるとありがたいです。



13、Kylo Ren Arrives at the Battle (カイロ・レンの到着) John Williams
カイロ・レン率いるファースト・オーダーがマズ・カナタの城を攻撃する場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

攻撃により崩壊していくマズ・カナタの城が映る場面(1:03付近)の曲が本編と同様のものになっています。
本編だとマズ・カナタの城が映り、少し間を空けた後にテンポ遅めの「カイロ・レンのテーマ」が流れますが、CD版では間を空けずにすぐに「カイロ・レンのテーマ」が流れます。また、テンポが本編よりも早いです。

今回新たにこのスコアを聴くことができたことは大変嬉しいですが、ここはCD版の「カイロ・レンのテーマ」の方がカッコ良かったと思っています。
今作で流れる「カイロ・レンのテーマ」は遅めのテンポが多かった為、このようにCD版のようにテンポの早いものは珍しいです。一味違った「カイロ・レンのテーマ」を本編でも聴いてみたかったです。



14、The Resistance (レジスタンス) John Williams
タコダナでレジスタンスのXウィングが助けにくる場面の曲。

今回初めて収録された曲です。

この曲をスコアのみで聴くことができて本当に良かったです。聴いていて鳥肌が立ちました(笑)。

CD版には「March Of The Resistance」として、組曲のみが収録されており、本編と同じバージョンのタコダナで「レジスタンスのテーマ」を聴くことはできませんでした。
しかし、今回聴くことができるようになったことで、Xウィングが水しぶきを立てながら向かってくるあのゾクゾクした感じを脳内で再現することができるようになりました!これは本当に嬉しいです。

また、スコアのみの状態で聴くことで、後半に流れる「I Can Fly Anything」と同じ曲が流れる部分が、流用ではなく新緑されたものだということも分かりました。
スターキラー基地に突入する際には使われていませんが、これは「ポーのテーマ」と考えて良いと思います。



15、The Abduction (拉致) John Williams
カイロ・レンがレイの意識を失わせ、連れ去る場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

若干の違いですが、1:20あたりの部分の打楽器の音が、CD版と比べて強くなっています。
CD版でなぜ変えたのかは、よく分かりません。

また、CD版ではカイロ・レンがレイの前に現れ、レイの撃つブラスタービームをライトセーバーで跳ね返す場面の曲がこの曲の前に入っていましたが、今回は入っていません。



16、Finn and Poe, United (フィンとポーの再会) John Williams
レジスタンスの基地がある惑星ディカーで、フィンとポーが再会する場面の曲。

CD版とはことなる曲です。

1:37以降の部分が新しく収録されました。CD版ではこの前の部分が終わった後にBB-8が起動しないR2の元に行く場面の曲に切り替わります。

逆に、タコダナでのハンとレイアの再会場面や、BB-8がR2の元に向かう場面以降の曲は入っていません。



17、The Bombing Run (ボンビング・ラン) John Williams
ポー率いるブルー中隊、レッド中隊がスターキラー基地上空でTIEファイターと交戦する場面から、ハンが脱走していたレイを見つける場面までの曲。

今回初めて収録された曲です。

CD版はなぜかスターキラー基地の場面の曲が多く省かれしまっていますが、今回この部分の曲を聴くことができるようになりました。

最初の方に、ジャクーを出たカイロ・レンのコマンドシャトルや、トループ・トランスポーターがファイナライザーに戻る場面と同じモチーフが使われている部分があります。これもおそらく「ファースト・オーダー」を表すモチーフであると思われます。少し「カイロ・レンのテーマ」の曲調に似ている気もします。

脱走したレイをハンとフィンが見つける場面では、「レイのテーマ」が流れています。

個人的なことですが、TIEファイターとの交戦を開始する場面が、インディ・ジョーンズのある場面のスコアにかなり似てると思いました。



18、On the Inside (中へ) John Williams
スターキラー基地を破壊するXウィングの為にソロらが突破口を作ろうと施設を破壊しようとする場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

ハンの視界にカイロ・レンが入る前の部分である、レイの助けで扉が開く場面等の曲が追加されています。

EP4の監房ブロック前での戦闘場面や、エンドアの戦いで流れていた曲をどこか思い出すような部分があり、今までのハンの冒険を曲で思い出させようとしているように感じられます。この後にハンが殺されると思うと、少し切ないです。



19、Torn Apart (苦しみと別れ) John Williams
息子であるカイロ・レンを改心させようとしたハンが、カイロ・レン自身に殺される場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

本編を観ている時はあまり分かりませんでしたが、カイロ・レンがハンに改心したかのように見せる場面の悲しげな曲が、本編だとかなり短縮されたバージョンであったことが分かりました。
カイロ・レンが「苦しかった」と告白する場面よりも前に、曲が流れる予定だったのかもしれません。

また、「カイロ・レンのテーマ」の流れるタイミングが異なっていたりCD版で聴くことのできる「フォースのテーマ」が聴こえなかったりと、様々な箇所が変わっています。



20、The Ways of the Force (フォースの使い方) John Williams
レッド中隊とブルー中隊がスターキラー基地を破壊する場面から、カイロ・レンとレイの決闘場面の曲。

CD版とは異なる曲です。

CD版では分かれていた、「Scherzo For X-Wings」と「The Ways of the Force」が繫がっており、本編と同じように曲が移るようになっています。
逆に、レイがライトセーバーを引き寄せる場面の曲は入っていません。

また、スターキラー基地を破壊する場面の曲が、CD版と異なり、本編と同様のバージョンになっています。
0:35あたりの部分が新しく追加されており、EP6の破壊する寸前の第2デス・スターから、ルークの乗ったインペリアル・シャトルが脱出する場面の曲と似たような曲になっています。



21、The Journey Home (帰途) John Williams
チューイがファルコンでレイとフィンを迎えにくる場面から、レイアとレイが無言で抱き合う場面までの曲。

CD版よりも本編に近い曲構成になっています。

CD版では次の「Farewell and The Trip」と繫がったものになっていますが、2曲に分割された構成になっています。



22、Farewell and The Trip (別れと新たな旅立ち) John Williams
R2-D2が目覚める場面から、ルークの元へレイらが旅立つ場面までの曲。

CD版とは異なる曲です。

R2が目覚め、ルークのいる場所を示す地図が完成する場所の曲が追加されています。
これはCDに収録されていた「Rey Meets BB-8」の一部と同様の曲です。



23、The Jedi Steps and Finale (ジェダイへの階段/ファイナル) John Williams
レイがルークと会う場面から、エンド・クレジットまでの曲。

CD版とは異なる曲です。

CD版ではクレジット中に流れる「レジスタンスのテーマ」が本編のものより短いバージョンとなっているのですが、今回は本編同様のフルバージョンを聴くことができます。
これは、CDに収録されている「March Of The Resistance」がそのまま入った構成になっています。



<今回のバージョンに関して>
今回このようなスコアを聴くことができたのは、ジョン・ウィリアムズが本作でアカデミー作曲賞にノミネートされた為、アカデミー会員に配る音源をディズニーが公式サイトでもアップしてくれた為であると考えられます。
このような音源がしっかりあるのであれば、iTunes等のダウンロード形式で販売すれば良いのに・・・と思ってしまいます。ぜひとも実現してほしいです。

また、欲を言えばですが、
・スターキラー基地に到着したハンやフィンが、レイを救いに行く場面の曲
・ファルコン内でハンがルークについて語る場面や、操縦席を見つめる場面の曲
・カイロ・レンが焼けたヴェイダーのマスクに語りかける場面の「帝国のマーチ」
・・・等のスコアも聴いてみたいです。旧三部作のように2枚組版出さないかな・・・。



「Star Wars The Force Awakens」ストーリー曲順
今回のバージョンも含めた順番で作りました。多少の間違いがあるとは思いますが、ご了承下さい。
「C」がCD版、「E」が今回出た拡張版です。


C-1、Main Title And The Attack On The Jakku Village (~1:27)
E-1、The Attack on the Jakku Village Part 1
E-2、The Attack on the Jakku Village Part 2
E-3、The Scavenger
E-4、Lunchtime
C-4、Rey Meets BB-8 (~1:10)
E-5、I Can Fly Anything
E-6、Finn’s Trek
C-8、That Girl With The Staff (0:38~1:06)
E-7、Follow Me and The Falcon
C-8、That Girl With The Staff (~0:38)
C-8、That Girl With The Staff (1:06~1:32)
C-9、The Rathtars! (~1:00)
E-8、The Rathtars
C-9、The Rathtars! (2:27~)
E-9、Snoke
C-10、Finn's Confession (0:53~)
E-10、You Got A Name?
C-Rey Meets BB-8 (1:10~)
C-11、Maz's Counsel (~1:21)
E-11、I’m No Hero
C-11、Maz's Counsel (1:21~)
C-12、The Starkiller
E-13、Kylo Ren Arrives at the Battle
E-14、The Resistance
C-14、The Abduction (~0:57)
E-15、The Abduction
C-15、Han And Leia (~2:43)
E-16、Finn and Poe, United
C-15、Han And Leia (2:59~)
C-17、Snoke (0:52~1:02、1:21~あたり)
E-17、The Bombing Run
E-18、On The Inside
E-19、Torn Apart
C-20、The Ways Of The Force (~0:11)
Burning Homestead (1:26~1:48) (「Star Wars Episode4 A New Hope」より)
C-20、The Ways Of The Force (0:33~0:46)
E-20、The Ways of the Force
E-21、The Journey Home
E-22、Farewell And The Trip
E-23、The Jedi Steps And Finale
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。