QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒドラのテーマはなぜ無い・・・?「Agents of S.H.I.E.L.D.」soundtrackレビュー&解説

半年程前になりますが、ダウンロード版が発売されたマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)のスピンオフドラマ「エージェント・オブ・シールド」のサントラのレビューをしていきたいと思います。
このサントラには、シーズン1とシーズン2の曲が収録されています。

※曲名の和訳は私が勝手に考えたものです。
※今回の記事から、1曲毎に説明を書かない記事も作っていこうかと思っています。そこまで1曲毎に感想を述べたくはならないけど、場面当てはしたいサントラや、過去のサントラを中心にこのタイプの記事を書いていく予定です。



1、Agents of S.H.I.E.L.D. Overture (エージェント・オブ・シールド 序曲) Bear McCreary
本編未収録曲。


2、Showdown at Union Station (ユニオン駅での乱闘) Bear McCreary
S1-1「Pilot (シールド精鋭チーム誕生)」の序盤と終盤で流れる曲。
~1:20・・・マイク・ピーターソンが爆発したビルの中から女性を助ける場面。
1:20~2:00・・・本編未収録曲。
2:00~・・・バスの中でコールソンとフィッツ、シモンズが、時機に爆発するマイクについて話す場面から、コールソンとスカイがマイクを家まで送る場面まで(一部異なる部分あり)。


3、0-8-4 (084) Bear McCreary
S1-2「0-8-4 (084)」の序盤と中盤で流れる曲。
~0:43・・・冒頭で084を起動させてバスに穴を開ける場面。
0:43~2:02・・・コールソン率いるシールドがペルーに到着する場面。
2:02~2:59・・・コールソン達と教授がインカ帝国の遺跡内に入る場面。
2:59~6:11・・・シールドのチームがペルーの反体制派に追われる場面。
6:11~・・・捕らわれていたメイが脱出する場面から、084が起動する場面まで。


4、Rocket Launch (ロケット発射) Bear McCreary
S1-2「0-8-4 (084)」の終盤で流れる曲。
084をロケットで打ち上げる様子を、シールドのチームが見上げる場面。


5、The Obelisk (オベリスク) Bear McCreary
S2-1「Shadows (新生S.H.I.E.L.D.始動)」の序盤で流れる曲。
~2:25・・・1945年にホワイトホールが基地からオベリスクを運び出す場面から、現代の場面に移る直前まで。
2:25~3:20・・・元シールドエージェントから情報を買い取ろうとしている時に、メンバーがカール・クリールに襲われる場面。
3:20~・・・本編未収録曲。


6、Aftermath of the Uprising (混乱の余波) Bear McCreary
S1-17「Turn, Turn, Turn (疑いの連鎖)」の終盤に流れる曲。
ギャレットが捕まり、連れて行かれる様子をシールドのメンバーが見つめる場面(一部カット)


7、Gravitonium (グラヴィトニウム) Bear McCreary
S1-3「The Asset (グラヴィトニウム)」の終盤で流れる曲。
~3:18・・・コールソンとウォードがクインの屋敷前にあるバリアを通り抜けようとする場面から、ホール博士がグラヴィトニウム装置の中に落とされる場面まで(一部省略あり)。
3:18~・・・ウォードがスカイに過去の暮らしについて聞く場面から、最後のロゴが出る場面まで。


8、Cal (カル) Bear McCreary
S2-13「One of Us (能力者たち)」の序盤で流れる曲。
~2:03・・・カルがインデックスのリストに載っていた一人である刃物が移植された爪を持つカール・ギデオンの元を訪れる場面から、ロゴが出る場面まで。
2:03~・・・カル達のグループがブリンモア精神療養所に入る場面。


9、Cello Concerto (チェロ・コンサート) Bear McCreary
S1-19「The Only Light in the Darkness (ひと筋の光)」の中盤で流れる曲。
~1:11・・・本編未収録曲。
1:11~3:32・・・コールソンの元恋人であるオードリー・ネイサンがダニエルズをおびき寄せる為にチェロを弾き始める場面から、スカイがシールドの秘密基地を管理していたエリック・ケーニグの死体を発見する場面まで。
3:32~・・・本編未収録曲。


10、Willing to Sacrifice (犠牲の覚悟) Bear McCreary
S2-1「Shadows (新生S.H.I.E.L.D.始動)」の終盤で流れる曲。
ハートリーがクリールに対抗しようとしてオベリスクを掴む場面から、ハートリーらが乗った車の前にクリールが立ちはだかる場面まで。


11、Alien DNA (エイリアンのDNA) Bear McCreary
S1-11「The Magical Place (魔法の国)」とS1-22「Beginning of the End (終わりの始まり)」の終盤で流れる曲。
~2:09・・・「The Magical Place」でコールソンが手術の記憶を取り戻す場面から、スカイらがコールソンを救出しに来る場面まで。
2:09~5:13・・・本編未収録曲。
5:13~・・・「Beginning of the End」のクレジットの場面(一部異なる部分あり)。


12、Fzzt (FZZT) Bear McCreary
S1-6「FZZT (宙に浮く死体)」の中盤で流れる曲。
~1:18・・・放電の被害に遭いまもなく死ぬ消防団員にコールソンが話しかける場面。
1:18~・・・フィッツとシモンズがチタウリの細胞から抗血清を作り出す場面。


13、Garrett (ギャレット) Bear McCreary
S1-16「End of the Beginning (始まりの終わり)」の序盤に流れる曲。
冒頭でギャレットとトリプレットが部屋に入ってくる場面(一部異なる部分あり)。


14、Hail Hydra (ヒドラ万歳) Bear McCreary
S1-17「Turn, Turn, Turn (疑いの連鎖)」の序盤と終盤に流れる曲。
~0:46・・・無人戦闘機に追われているギャレットがコールソンに連絡を取る場面(一部省略あり)。
0:46~・・・コールソンらがヒドラであったギャレットらと格闘する場面。


15、Helicopter Rescue (ヘリコプターでの救出) Bear McCreary
S1-22「Beginning of the End (終わりの始まり)」の中盤に流れる曲。
海に沈んだ医療室からフィッツとシモンズが脱出する場面から、フューリーが2人を救出しに来る場面まで。


16、Terrigen Crystals (テリジェン・クリスタル) Bear McCreary
S2-20「Scars (傷)」の終盤に流れる曲。
ゴンザレスがジャイーンと交渉する場面から、ロゴが出る直前の場面まで。


17、The Big Bang (ビッグバン) Bear McCreary
S1-22「Beginning of the End (終わりの始まり)」の終盤に流れる曲。
ウォードがメイと格闘し始める場面から、コールソンが復活しようとしたギャレットに止めを刺す場面まで。


18、The Rising Tide (ライジング・タイド) Bear McCreary
S1-1「Pilot (シールド精鋭チーム誕生)」の序盤と終盤で流れる曲。
~1:17・・・冒頭でウォードがミッションをこなす場面(一部異なる部分あり)。
1:17~3:08・・・本編未収録曲。
3:08~・・・コールソンとスカイがローラで戻る場面から、クレジット直前まで。


以上が「Agents of S.H.I.E.L.D.」soundtrack全曲です。

<サントラに関して>
やはり毎回のクレジットで流れる縮小バージョンの「エージェント・オブ・シールドのメインテーマ」が入っていないのが残念でした。編集ソフトを使えば「The Rising Tide」を何とか切り貼りしてほぼ再現できますが、普通に収録してほしかったです。

<音楽に関して>
場面に合ったカッコイイ曲が多くて全体的には良かったですが、「シールドのテーマ」以外に印象的なテーマが少ないのが少々残念でした。特に気になるのは、シールドと対になる組織であるヒドラにテーマが無いことです。ストーリーの展開上シーズン1の途中まではヒドラがシールドに潜んでいたことが明かされない為流れないのも分かるのですが、明らかになってからはテーマがあっても良かったように思います。もしくはあえて「シールドのテーマ」のみを流すことによってシールドとヒドラが一つの同じ組織であり、似たような組織であることを表す為に作らなかったのかもしれません。個人的に「シールドのテーマ」以外にもっと印象に残るテーマがあった方が、より音楽を印象付けられるように思いました。


「Agents of S.H.I.E.L.D.」soundtrackエピソード曲順
2、Showdown at Union Station (S1-1)(~1:20)
18、The Rising Tide (S1-1) (~1:17)
2、Showdown at Union Station (S1-1)(2:00~)
18、The Rising Tide (S1-1) (3:08~)
3、0-8-4 (S1-2)
4、Rocket Launch (S1-2)
7、Gravitonium (S1-3)
12、Fzzt (S1-6)
11、Alien DNA (S1-11) (~2:09)
13、Garrett (S1-16)
14、Hail Hydra (S1-17)
6、Aftermath of the Uprising (S1-17)
9、Cello Concerto (S1-19) (1:11~3:32)
15、Helicopter Rescue (S1-22)
17、The Big Bang (S1-22)
11、Alien DNA (S1-22) (5:13~)
5、The Obelisk (S2-1) (~3:20)
10、Willing to Sacrifice (S2-1)
8、Cal (S2-13)
16、Terrigen Crystals (S2-20)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。