FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本編そのままのスコアが盛りだくさん!「Star Wars: The Last Jedi」soundtrack(拡張版)レビュー&解説

ディズニーはアカデミー賞推薦用のページに、サントラとして発売されたものとは異なる本編で流れるバージョンのスコアを載せてくれることが多いのですが、「スター・ウォーズ: 最後のジェダイ」もしっかりとアップしてくれました。
こちらから入れます。
http://waltdisneystudiosawards.com/star-wars-the-last-jedi/score

しかもサイトがリニューアルしたことにより、ダウンロードリンクまで載せてくれるようになりました。これは非常に嬉しいですね。このページはアカデミー賞の発表が終わった後に一新されてしまう可能性があるので、早めにダウンロードしておくことをオススメします。

と思ったらブログ書いてる途中にダウンロードリンク消えてしまってました・・・。今回(微妙な違いも含めると)サントラと同じ曲一曲も入ってませんし、良いと思うんですがね・・・。
それならばせめてiTunes等のダウンロード形式でも良いのでしっかりと販売してほしいです・・・。
(初っ端から愚痴言っててすみません・・・)

今回もサントラとして発売された通常版とは大きくことなったものとなっており、曲自体が初めてのもの、通常版に入っていなかった部分が含まれているもの等、本編そのままのスコアとなっています。

今回は通常版との違いを中心にまとめていきたいと思います。
曲自体のレビューは通常版の方にまとめてあるので、そちらをご覧下さい。

※曲名の和訳は私が勝手に考えたものです。



1、Escape (脱出) John Williams
ディカー戦の一連の場面の曲(ポーが<ブラック・ワン>を操縦してドレッドノートのキャノンを破壊していく場面から、レジスタンスの戦艦がハイパースペースへジャンプする場面まで)。

通常版が大幅に拡大されたものです。

通常版はメインタイトル含めて約7分でしたが、この曲はメインタイトル抜きで7分を超えており、完全に本編そのままの曲となっています。
主な違いに軽く触れていきたいと思います。

まず、ドレッドノートのキャノンを破壊する一連の場面の曲が本編通りのボリュームで入っています。
通常版だと一瞬で終わったり、位置がバラバラになっていましたが、しっかりと本編通りになっています。

特に、ポーが<ブラック・ワン>を急旋回させてTIEを撃ち落とす場面の流れる「ポー・ダメロンのテーマ」(2:41~2:56)や、ドレットノートがディカーに向けてターボレーザーを発射する場面に流れる超兵器を表すモチーフ(1:31~1:41)等を聴くことが出来るのが嬉しいです。
この超兵器のテーマは、クレイト戦でバッタリング・ラム・キャノンが可動し始める場面でも聴くことが出来ます。個人的に結構気に入っています。

また、ドレットノート護衛の為にTIEファイターが出てくる場面の曲(0:52辺り)や、BB-8が<ブラック・ワン>のキャノンを修理する場面の曲(1:12辺り等)がしっかりと本来の位置に戻っていました。通常版ではレジスタンス・ボマーが映る場面の後に流れていました。
拡張版では、その部分は違う曲に差し替えられています。

ペイジが爆弾投下スイッチを探す場面(5:04~5:18)や、ペイジが爆弾投下スイッチをキャッチし、押す場面(6:08~6:18)の部分等も通常版とは異なっています。やはり通常版はだいぶ削ってきていますね・・・。

また、この曲はレジスタンスの艦隊がハイパースペースへジャンプする場面の曲(7:10~)までしっかり含まれています。やっぱりこの終わり方の方が締まりますね。気持ちいいです。



2、Ahch-To Island (オク=トーの島) John Williams
レイに見られながら、ルークがオク=トーで過ごす場面の曲。

通常版の一部が若干変更されたものです。

通常版にも同曲名の曲が収録されていましたが、前半の部分はカットされています。その為、場面として分かれていた部分をこちらのバージョンだと綺麗に聴くことが出来ます。

また、通常版と若干異なる部分があり、ルークが魚を採る為の槍のようなもので反対側に飛び越える場面で流れる「ルークの隠遁テーマ」に入るまでの部分が少しだけ短くなっています(1:40~1:45)。



3、The Supremacy (スプレマシー) John Williams
カイロ・レンがTIEサイレンサーでレジスタンスの戦艦<ラダス>を襲撃する場面の曲。

通常版の一部が若干変更されたものです。

前曲同じく通常版にも同曲名の曲が収録されていましたが、ポーとレイアがディカー戦での犠牲について話す場面や、レイアがフォースを使って<ラダス>に戻る場面の曲はカットされています。

また、TIEサイレンサーが<ラダス>に接近する場面(1:34~1:51)の部分が通常版よりも少しだけ長めに、<ラダス>にミサイルを発射する場面(1:52~)の部分が短くなっています



4、Admiral Holdo (ホルド提督) John Williams
アミリン・ホルドがレイア不在時の代理指揮官に任命され、レジスタンスの生き残りの演説する場面の曲。

通常版未収録曲です。

「フォースのテーマ」のメロディから入る「レジスタンスのマーチ」が美しいです(0:33~)。「フォースの覚醒」では1パターン程しかなかった「レジスタンスのマーチ」が、今作では色々な形にアレンジされているのがとても良いですね。

また、この部分の曲が「ローグ・ワン」の「希望のテーマ」にも似ている気がします。
そもそも「希望のテーマ」も「フォースのテーマ」のメロディから入っていく曲であった為、アプローチがそっくりです。
マイケル・ジアッキーノのスコアを意識したわけではないと思いますが、ウィリアムズとジアッキーノのどちらもが同じ手法で「希望」を表現しようとしたことを思うと、熱いです。



5、Fun With Finn and Rose (フィンとローズ) John Williams
ローズが電気ショックを浴びせて麻痺させたフィンを運ぶ場面から、フィンやポーらが極秘の潜入作戦について話す場面までの曲。

通常版で未収録だった部分が一部追加されたものです。

通常版では「ローズのテーマ」から始まっていましたが、しっかりと本編通りの構成となっています。

※通常版で特に何も書きませんでしたが、通常版の最初に入る「ローズのテーマ」は、おそらくローズがフィンに初めて話しかける場面だったのだと思われます。
繋がってる場面かと思っていましたが、拡張版が本編と全く同じバージョンとして収録されていることを考えると、連続した場面ではありませんね・・・。



6、Connection (繋がり) John Williams
フォースによる繋がりでレイとカイロ・レンが会話する場面の曲(フォースによる繋がりが起きている最中に、ルークが姿を現す場面から)。

通常版の一部が若干変更されたものです。

通常版では、「Old Friends」という曲名で収録されていましたが、前半の部分はカットされています。
その為、ルークが姿を現す場面の曲の入り方が本編通りとなりました。この曲の違う点はここぐらいですかね・・・。



7、Lesson One (レッスン1) John Williams
ルークがレイにフォースについて教える場面の曲。

通常版の一部が若干変更されたものです。

レイが自身の欲するものを見ようとする場面の曲が、通常版よりも短くなっています(1:22~)。少々切り貼りされているようにも聴こえる為、編集の段階で短くなってしまったのだと思われます。



8、Canto Bight (カント・バイト) John Williams
フィン、ローズらがマスター・コードブレイカーを探す為にカント・バイトを訪れる場面の曲(フィンとローズがバルコニーに出る場面まで)。

通常版の一部が少し変更されたものです。

通常版と聴き比べてもらえると分かると思いますが、所々切られていたり、短くなっていたりと、少々異なった構成となっていることが分かります。
終わり方も本編通りフェードアウトする形で終わっているのも印象的です。

「新たなる希望」の「酒場のバンド」等も本編で流れるものはサントラに収録されているものと若干異なるのですが、こういった本編そっくりな音源を公開してくれるのは非常に嬉しいですね。



9、The Master Codebreaker (マスター・コードブレイカー) John Williams
フィンらがマスター・コードブレイカーを発見する場面の曲(ローズが自分の生い立ちとカント・バイトの真実についてフィンに話す場面から)。

通常版未収録曲です。

今作はスター・ウォーズ(以下:SW)シリーズにおいても今まであまり聴いたことなかった曲が数曲ありますが、この曲もかなり異色ですね・・・。マスター・コードブレイカーが身に着けている赤いプロムが大写しになる場面や、その後にフィンらが走ってコードブレイカーに向かう場面等、やけにコメディ寄りな音楽が流れます。
映画で観た時は「ウィリアムズが手掛けていない流用曲なのでは?」と思っていたのですが、ちゃんと作ってましたね(笑)。

個人的には、今回しっかりと聴けるようになって非常に嬉しい曲の一つです。



10、The Fathiers (ファジアー) John Williams
フィン、ローズらが解放したファジアーらに乗ってカント・バイトを脱出する場面の曲。

通常版の一部が少し変更されたものです。

細かい違いが大量にあるので、一つ一つ挙げるのは止めますが、聴き比べると拡張版の方がかなり削られていることが分かります。これも若干繋ぎ合わせたように聴こえる部分があるので、後から編集したのでしょうか。

サントラにコンサート用の曲を普通に入れてくるウィリアムズのことなので確信はありませんが、元々このファジアーでのフィンとローズの脱出場面はもう少し長かったようなので、通常版はそのバージョンで流す予定だったものなのかもしれません。

どうやらこの場面ではZord’s Spaという温泉が登場する予定だったらしく、公式が画像も出していました(「アート・オブ・スター・ウォーズ 最後のジェダイ」にも解説が載ってました)。
おそらくこれらの場面が入った20秒程長いものが完全版なのかもしれません。ブレーレイに収録される未公開シーン集で確認出来ると良いですね。



11、The Cave (洞窟) John Williams
レイがMirror Caveに入り、自分の両親を確かめようとする場面の曲(両親を見ようとするものの、最終的に自分の顔しか見ることが出来なかった場面まで)。

通常版の一部が若干変更されたものです。

通常版にも同曲名で収録されていましたが、後半部分がカットされています。通常版でカットされてしまっていた細かい部分をしっかりと聴くことが出来るようになっています。



12、Reys Journey (レイの旅立ち) John Williams
レイが<ファルコン>の脱出ポッドで<スプレマシー>に乗り込む場面の曲。


通常版未収録曲です。


この曲も印象的だったので、しっかりと聴くことが出来て嬉しいです。<スプレマシー>にポッドが向かう場面のテンポの早いメロディが特に耳に残ります。




13、A New Alliance (新たなる同盟) John Williams
※カイロ・レンがスノークを殺害し、レンとレイがプレトリアン・ガードと闘う場面の曲(レジスタンスの輸送船が<スプレマシー>に破壊されていく場面から)。


通常版で未収録だった部分が一部追加されたものです。


通常版にも同曲名の曲が入っていますが、スノーク殺害の場面の前の場面に流れる曲(~1:24)が初めて収録され、更にレイとカイロ・レンがプレトリアン・ガードと闘う場面の曲が大幅に追加されました。


プレトリアン・ガードと対峙する場面では、間に挟まるDJとフィンらの会話場面時に流れる曲も収録されています(3:20~3:40)。
VSプレトリアン・ガード戦の場面自体もかなり長くなっており、いかに通常版が短い短縮仕様であったのかに気づかされました。改めて通常版を聴いてみると、違和感を感じる程短いです。


ちなみに、通常版の一番を最初に流れていた部分の曲(~0:03)は、冒頭でブリッジにいるハックスの前にスノークのホログラムが現れる場面や、レイとカイロ・レンがスノークの玉座に入る場面等で流れていました。




14、Holdos Resolve (ホルドの決意) John Williams
ホルドが<ラダス>をハイパージャンプさせて<スプレマシー>に突っ込む場面の曲。


通常版未収録曲です。


ホルドが<ラダス>のコントロールパネルに座って準備する場面(0:10~0:24)や、ファースト・オーダー・エクセキューショナーの登場場面(1:10~1:17)の曲等も聴くことが出来るのが嬉しいです。


初収録の曲ですが、<ラダス>が<スプレマシー>に突っ込む(同時進行でライトセーバー真っ二つ、フィンとローズ処刑寸前)場面(1:23~)の曲は、一応通常版の「Final」でも一部を聴くことが出来ていました。

この場面、今まで独立していたパートが1つになる場面として、映像的にも音楽的にも好きな場面なんですよね。


ちなみにこの部分に流れるフレーズは、<ラダス>に残ったホルドがレイアを見送る場面でも流れていました。ホルドを表したモチーフとも考えられますが、個人的には「別れ」「決別」を表しているテーマであるようにも思います。これを一つ一つ当てはめてみると、


・ホルドとレイアの、おそらく会うのが最後になるであろう“別れ”
・レジスタンスを救う為の行動をとったホルドの“別れ”
・カイロ・レンとレイの“決別”
・フィンとローズの死を暗示させる“別れ”


となります。続三部作のウィリアムズがキャラの行動によるモチーフをいくつか作っていることを考えると、可能性としてはあり得そうな気がします。次の曲「Chrome Dome」でも流れています。




15、Chrome Dome (メッキ頭) John Williams
フィンがファズマと対決する場面の曲。


通常版の一部が若干変更されたものです


0:25~0:31辺りに流れる「決別のモチーフ」が通常版よりも短くなっていたりファズマが立ちはだかる少し前の場面(1:03~1:06)に新たな音が加わっていたりと、所々に細かな変化が見られます。


短縮されているにも関わらず、フィンとファズマの対決場面での曲が多少長くなっている為、最終的には通常版と同じ時間で終わっているのが凄いです。こういうパターンもあるんですね・・・(笑)。




16、The Battle of Crait (クレイトの戦い) John Williams
クレイト戦一連の場面の曲(フィンの演説後、兵士が塹壕に並ぶ場面から、フィンがキャノンに突っ込もうとするところをローズが止める場面まで)。


通常版の一部が少し変更されたものです。


色々な部分が通常版と異なっているので、特に目立つ部分をまとめたいと思います。


まず、AT-M6やバッタリング・ラム・キャノン等をマクロバイノキュラーで確認するイーマット将軍が映る場面(0:30~0:46)のスコアが含まれています。
<ファルコン>が来る前の戦闘場面の部分も所々異なっています。


<ファルコン>が駆け付けてから、「レイのテーマ」が流れるまでの間も少しだけ長くなっています(3:11~3:16)。これはチューバッカとポーグが映るカットの場面に該当します。
3:45~3:56の部分も拡張版の方が少しだけ長くなっています。


また、<ファルコン>がTIEファイターに追われる場面に流れる「ヒア・ゼイ・カム」が少し短くなっています(3:57~4:36)。
「ヒア・ゼイ・カム」後に次のテンポの曲に移る部分も少々異なっています。


バッタリング・ラム・キャノンが可動し始める場面の超兵器のモチーフも通常版とは異なっています。ちなみに通常版で流れるバージョンの方は、1曲目「Escape」で流れるものの方に近くなっています。
この後からフィンがキャノンに突っ込もうとする手前の場面までの部分も少々異なっています。

違ってる箇所多すぎですね・・・(笑)。




17、The Spark (火花) John Williams
ルークの幻影がレイアの元に現れ、ファースト・オーダーのウォーカー軍に立ち向かっていく場面の曲(フィンが自殺行為を阻止した理由をローズに尋ねる場面から)。


通常版で未収録だった部分が一部追加されたものです。


通常版の同曲名の曲に、フィンとローズの会話場面の曲が追加されたものとなっています(~0:45)。


また、その後にルークがウォーカー軍に立ち向かっていく場面も、3:35辺りや終わり方等が若干異なっていたりします
特にこの3:35付近にある小さめな音が入るか入らないかでは、その後の盛り上げにだいぶ違いを感じる気がするので、拡張版のスコアが特にお気に入りです。




18、The Last Jedi (最後のジェダイ) John Williams
ルークとカイロ・レンがクレイトで対決する場面の曲(ポーがレジスタンスのメンバーを率いて基地の裏口へ向かう場面から)。


通常版で未収録だった部分が一部追加されたものです。


通常版の同曲名の曲に、レイがヴァルプテックスを発見する場面の曲(~1:15)が追加されたものとなっています。


また、ルークとカイロ・レンの対決場面も通常版とは異なったものとなっています。
最も目立つ違いは、カイロ・レンがルークがクレイトに来ていないことに気づいた後、オク=トーにいるルークが映るまでに少々間が出来ていることだと思います。通常版ではここの間は埋められていました。

また、ルークがカイロ・レンのセーバーを避ける場面(1:34~1:52)や、曲の終わりの部分等も多少長くなっています。




19、Old Friends (旧友) John Williams
<ファルコン>でレジスタンスの仲間が再会を果たす場面の曲(<ファルコン>のカットに移る場面から)。


通常版の一部が若干変更されたものです。


通常版だと「Peace and Purpose」という曲名として収録されていた曲の前半部分になります。この曲名は通常版だとルークとR2の再会場面に付けらていた曲名でしたが、拡張版ではこっちの曲に付けられているのが謎ですね・・・。数々の仲間が再会し、それぞれの友人が旧友としてステップアップしたと考えれば多少納得しますが、普通に「友情」とかでも良かった気がします


この曲も通常版とは若干違いがあり、0:24~0:30に流れる「レイのテーマ」を拡張版で初めて聴くことが出来ます。




20、Finale (終幕) John Williams
カント・バイトでテミリ・ブラッグが<ファルコン>を見つめる場面から、エンド・クレジットまでの曲。


通常版が大幅に変更されたものです。


ウィリアムズのSWのエンド・クレジットでは恒例ですが、通常版とは構成が大きくことなっています。順を追って挙げていきたいと思います。


まず、クレジット前の奴隷少年テミリ・ブラッグらの場面での曲(~0:23)が、通常版よりも短くなっています


クレジットで最初に流れる「ローズのテーマ」と「ルークの隠遁テーマ」が、通常版よりも長くなっています(2:44~5:10)。通常版に収録されていた「The Rebellion Is Reborn」の一部が「レイアのテーマ」が流れる部分以外でほぼそのまま入った形となっています。
個人的にはSWのクレジットはテーマ曲がピックアップされて流れるものだと思っているので、こっちのバージョンの方がやはりしっくりきますね。


この後からの構成ですが、通常版は


「Battle of Crait」の一部→「ヨーダのテーマ」→「Holdos Resolve」のアレンジ→「Battle of Crait」の一部→「ヒア・ゼイ・カム」


となっていたのですが、拡張版は


「Battle of Crait」の一部→「ヒア・ゼイ・カム」


となっています。


通常版は「ヨーダのテーマ」の唐突感が否めなかっただけに、やはりこっちのバージョンの方が好きです。まあ通常版の「Holdos Resolve」クレジットverアレンジ等は結構好きだったりするのですが・・・(笑)。


終盤に流れる「ヒア・ゼイ・カム」も異なっています(7:17~8:02)。
通常版は「新たなる希望」で流れる「ヒア・ゼイ・カム」に近いものだったのですが、拡張版は「Battle of Crait」で流れるものとほぼ同じになっています。
個人的にここはクレイト戦で流れたものとは異なるバージョンを流しても良かったと思うので、ちょっと残念ですね・・・。




全曲のレビューは以上です。違ってる点だらけですね・・・(笑)。




<今回のバージョンに関して>
マスター・コードブレイカー登場場面、<スプレマシー>へ乗り込むレイ、アミリン・ホルドの登場場面等、通常版では未収録だった曲が聴けるようになっており、非常にありがたいです。
また、今回はEP7以上にサントラ版と本編版の曲の違いが明確になっており、ちょっと構成やタイミングが違ったり若干荒々しさも感じられる本編版を聴くことが出来るのも貴重でした。しかし、本編で流れるそのままのバージョンの曲が公開されるなんて、本当に良い時代が来ましたね・・・。是非とも旧三部作、新三部作のラインナップでも出していってもらいたいものです(望み薄)。


また、他にも収録してほしかった曲は、


・レイがライトセーバーを振る様子をルークが見つめる場面で流れる「レイのテーマ」と「ルークの隠遁テーマ」のミックスバージョン
・ルークが第2のレッスンとして、ジェダイの滅ぶべき理由をレイに話す場面の曲
・ルークがレイに、過去にベンにしたことを話す場面の完全版
・ファースト・オーダーのアイロンが映る場面の妙に「デス・スターのテーマ」っぽい曲
・スノークがレイの記憶を引き出す場面に流れる「パルパティーンのテーマ」
・フィンらがファズマに連行される場面の曲(EP7でフィンがポーを逃がそうとする場面でも似たような曲が流れてる)
・クレイトに現れたルークがウォーカーの集中砲火を浴びる場面の曲


等ですね。だいぶ聴きたいところはサントラで抑えられている方だと思いますが、ライトセーバーを振るレイの場面や、集中砲火を浴びるルークの場面の曲等は特に美しかったので、今回入らなかったのは残念です。何十年後かにコンプリート版が出ることを期待したいです。




「Star Wars: The Last Jedi」soundtrackストーリー曲順

拡張版を加えた本編通りの順番を載せておきます。

通常版→C、拡張版→Aとしています。


C1、Main Title and Escape (~2:46)

A1、Escape

C2、Ahch-To Island (~1:44)

C3、Revisiting Snoke

A2、Ahch-To Island

C10、Who Are You? (0:24~1:00)

C3、The Supremacy (~0:08)

A3、The Supremacy

C3、The Supremacy (2:00~)

C6、Old Friends (~2:00)

A4、Admiral Holdo

C5、Fun With Finn and Rose (~0:42)

A5、Fun With Finn and Rose

C6、Old Friends (2:00~2:23)

A6、Connection

A7、Lesson One

A8、Canto Bight

A9、The Master Codebreaker

C10、Who Are You? (1:26~)

A10、The Fathiers

A11、The Cave

C12、The Cave (1:35~)

C13、The Sacred Jedi Texts

A12、 Reys Journey

C13、A New Alliance (~0:03)

A13、A New Alliance

A14、Holdos Resolve

A15、Chrome Dome

A16、The Battle of Crait

A17、The Spark

A18、The Last Jedi

C19、Peace and Purpose (~1:44)

A19、Old Friends

A20、Finale

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。