QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン2の曲をもっと入れてくれ!「Once Upon A Time 2」soundtrackレビュー&解説(後編)

「Once Upon A Time 2」soundtrackレビュー&解説(前半)の続きです。



14、Tallahassee (タラハシー) Mark Isham
S2-6「Tallahassee (ドリームキャッチャー)」の中盤で流れる曲。
前半はエマがタラハシーの地図に指を指す場面。
1:16~はエマとニールがコンビニで万引きする場面。

最初に流れるのが「愛のテーマ」。ここでも使ってくれているのは嬉しいです。

また、新たに「ニールのテーマ」が出てきます。
このテーマはエマがニールと再会した時にも使われています。ただし、あくまでも「ニール」のテーマであり、「ベルファイア」としてのテーマではありません。



15、This Boy Wiill Be Your Undoing (この少年はお前を破滅させる) Mark Isham
S2-14「Manhattan (再会の街)」の終盤で流れる曲。
ヘンリーとニールが話す場面から、クレジット直前まで。

ここで流れる曲はこの回であらゆるところに使われています。前半の切なさを感じさせる部分が個人的に好きです。



16、Science! (科学だ!) Mark Isham
S2-5「The Doctor (ホエールの正体)」の終盤で流れる曲。
ビクター・フランケンシュタインが弟のゲルハルトを蘇らせる場面。

ホラーのようなかんじになっており、違う世界の雰囲気を出している面白い曲です。
初めて観たときにも結構印象に残りました。



17、To Neverland! (ネバーランドへ!) Mark Isham
S2-4「The Crocodile (ワニと呼ばれた男)」の終盤で流れる曲。
フックが豆を使ってネバーランドへ行く場面。

「フックのテーマ」がメインの曲です。
かっこいい曲です。「フックのテーマ」は4話目を初めて観たときから好きになりました。



18、Cora's Waltz (コーラのワルツ) Mark Isham
S2-16「The Miller's Daughter (粉ひきの娘)」の中盤で流れる曲。
コーラが仮面舞踏会でヘンリー王子と躍る場面。

この曲、シーズン1でシンデレラが躍る曲と似たフレーズがあるように聴こえるのですがどうでしょうか?
シンデレラの時の曲が明るい曲だったのに対して、こっちの曲は明るいもののテンポがゆっくりでどこか重々しさが感じられます。
ダンスの曲でもコーラの様子を表しているとしたらすごいです。



19、Snow White in Black (黒い白雪) Mark Isham
S2-15「The Queen Is Dead (死の真相)」の終盤で流れる曲。
エヴァの葬儀に白雪が出席する場面。

悲しく切ないテーマが良いです。これはおそらく「別れのテーマ」であると考えられます。
後にもう1回流れる曲があるのでそこで触れます。

追記:聴きなおしていたところ、後に流れる曲とは別のだと気づきました。このメロディーはここでしか流れていません。

20、How Magic Is Made (魔法の作り方) Mark Isham
S2-16「The Miller's Daughter (粉ひきの娘)」の中盤で流れる曲。
コーラがルンペルシュティルツキンから魔法を教わる場面から、コーラがヘンリーとの結婚に承諾する場面まで。

不気味な感じのテンポがイイ曲です。コーラの場面だからこそ流せる曲だと思います。



21、One Perfect Day After Another (繰り返される完璧な一日) Mark Isham
S2-17「Welcome to Storybrooke (ストーリーブルックへようこそ)」の中盤で流れる場面。
レジーナが呪いによって繰り返される毎日を過ごす場面。

これはなかなか面白い曲です。最初に流れる曲は明るくテンポが早い曲であったのに対し、後半の曲はテンポが遅い曲になっています。「悪い女王のテーマ」も両方に使われており、違いがしっかり表現されているのもイイです。



22、Bae and the Shadow (ベイと影) Mark Isham
S2-21「Second Star to the Right (ネバーランドから来る影)」の中盤に流れる曲。
ベルファイアが影によってネバーランドへ連れていかれる場面。

個人的にこの曲は好きです。ビッグ・ベンが映る場面の部分が特に好きです。
ワンスにしては結構テンポが早い曲ですね。



23、Tamara Shows Her True Colors (タマラの正体) Mark Isham
S2-21「Second Star to the Right (ネバーランドから来る影)」の終盤に流れる曲。
タマラによって撃たれたニールが豆によっておとぎの国に落ちていく場面。

中盤に流れているのが「タマラのテーマ」です。初登場が中国であったことが関係しているのか、少しワンスの世界観とは違う雰囲気です。

またここの最後で出てくるのが以前にも出てきた「別れのテーマ」です。
このテーマに関して、最初は白雪に関するテーマの可能性であることも考えましたが、白雪とエヴァ、エマとニールなど、それぞれが別れる場面に流れている為、おそらく「別れ」に関するテーマだと思います。

追記:上でも述べましたが、ここの場面の曲とは特につながりはありません。このテーマはシーズン1でエマが眠りの呪いにかかったヘンリーを見つめる場面で流れていました。

24、The Adventure Begins (冒険の始まり) Mark Isham
S2-22「And Straight On 'til Morning (フックとベルファイア)」の終盤で流れる曲。
エマ達がジョリーロジャー号でネバーランドへ行く場面。

この曲を入れてくれたのは嬉しいです。曲がシーズン1の最終回と似ているのが良いですね。



25、Main Title (メイン・タイトル) Mark Isham
シーズン1の1、22以外の全話で流れる曲。
タイトルが出る場面。

「ワンス・アポン・ア・タイム」のテーマです。
この部分だけで収録されたので、iTuensなどで並びを入れ替えて遊べますね(笑)



「ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2」ストーリー曲順

25、Main Title
6、Ruby and Granny (S1-15)
5、Meet the Jefferson (1:40~) (S1-17)
5、Meet the Jefferson (~1:40) (S1-17)
8、The Hedge Maze (S1-17)
9、Regina's True Love (S1-18)
7、A Real Boy (S1-20)
2、True Love (S1-22)
3、Magic (S1-22)
1、Sleeping Beauty (S2-1)
4、We Are Both (S2-2)
11、The Duelist (S2-4)
17、To Neverland! (S2-4)
16、Science! (S2-5)
14、Tallahassee (1:16~) (S2-6)
14、Tallahassee (~1:16) (S2-6)
13、In a Burning Room (S2-8)
10、Storybrooke Reunions (S2-9)
12、The Lady Jack (S2-13)
15、This Boy Wiill Be Your Undoing (S2-14)
19、Snow White in Black (S2-15)
18、Cora's Waltz (S2-16)
20、How Magic Is Made (S2-16)
21、One Perfect Day After Another (S2-17)
22、Bae and the Shadow (S2-21)
23、Tamara Shows Her True Colors (S2-21)
24、The Adventure Begins (S2-22)



以上で終了です。「Once Upon A Time 2」と書いてあるのにシーズン1の曲が意外と多いです。入れてくれたのは嬉しいですが、シーズン2の曲ももう少し増やしてほしかったです。特に「フックのテーマ」のフルバージョンなどを聴いてみたかったです。
シーズン3の放送はまだ決まっておらず、去年は秋から放送だったので放送されないのかな・・・。いち早く日本で観れるようになることを願います。
読んでいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョイス

Author:ジョイス
スターウォーズ、アメコミ、ピクサー作品などのサントラを紹介していきます!
日本でより多くの方にサントラの面白さが伝われば嬉しいです!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。